ここから本文です

【NJKF】2度目の王者対決へ、J-NET王者・鷲尾亮次が返り討ち予告

イーファイト 9/13(火) 22:02配信

 9月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2016 6th』にて、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級次期挑戦者決定戦に臨むJ-NETWORKスーパーフェザー級王者・鷲尾亮次(レグルス池袋)のコメントが、主催者を通じて届いた。

【フォト】鷲尾が鈴木にTKO勝ちを収めた5月の初対決

 NJKF初参戦の鷲尾は当初、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・悠矢(ゆうや)との対戦が予定されていたが、悠矢が蜂窩織炎(ほうかしきえん)によるドクターストップのため欠場。代わりにNJKFスーパーフェザー級王者・鈴木翔也(OGUNI-GYM)と対戦することが決まり、試合は悠矢が持つタイトルへの挑戦権を懸けて行われることになった。

 急遽、対戦相手が変わった鷲尾だが、「気持ちは切り替えました。次期挑戦者決定戦ということなのでモチベーションを高く保って練習出来ています」と試合に向けて仕上がりは順調の様子。

 2月にJ-NETWORKスーパーフェザー級王者fire仭士(ふぁいやーひろし)に挑戦し、左ハイキック一発でマットに沈めて王座奪取に成功。5月にはJ-NETWORK大会で、今回対戦する鈴木との初対決に臨み、3RにヒジでカットしTKO勝利。昨年から5連勝と好調を維持する。

 鈴木戦について「お互い王者対決ということで負けられない気持ちがありました」と振り返る鷲尾。試合で勝利はしたものの、「鈴木選手はすごく上手くて、試合の中でも結構ヒザとか入れていましたが、あまり効いていないのかなっていう感じで、体が強い印象でした」と相手を高く評価する。

 前回の対戦とは逆に、今回は相手のホームリングに乗り込んでの王者対決となる。「再戦ということは関係なく、決まったからには全力でやるつもりです」と気を引き締める鷲尾。「挑戦者決定戦ということなので、そこは結構デカいです。短いスパンでの再戦ですけど、J-NETWORKの代表として返り討ちにして、次のタイトルマッチにつなげるつもりです」と、団体の看板を背負って戦うと闘志を燃やした。

最終更新:9/13(火) 22:02

イーファイト