ここから本文です

<GLM>スポーツEVコンセプト車をパリモーターショーで発表へ

まんたんウェブ 9/13(火) 17:14配信

 京都大学発のベンチャーで、スポーツカータイプの電気自動車(スポーツEV)メーカーのGLM(京都市左京区)は、次世代コンセプト車「GLM G4」を、初出展するパリモーターショー2016(10月1~16日)で発表する。13日からティザーサイトを開設し、10月1日の同モーターショー開幕に向けて段階的に車両イメージを公開する。

【写真特集】ティザーサイトで発表された「GLM G4」

 「GLM G4」は、同社初の量産車「トミーカイラZZ」に次ぐ車両として、オランダの新興自動車デザインハウス「サヴェージ・リヴァーレ」社と業務提携してコンセプト開発。今後、大手自動車事業会社との提携も進め、ドライブトレイン、エレクトロニクス、ソフトウエアシステム、パッケージング等で既存車両にはない最先端技術の実現を目指しており、「自動車業界における新たなポジションの確立へと当社を導くもの」と捉えている。

 同社は「GLM G4」の量産化に向け、来年3月に研究開発拠点を現在の10倍程度の広さとなるビルに移転し、自動車設計エンジニアら30人の経験者を新たに迎え入れる予定。

最終更新:9/13(火) 17:22

まんたんウェブ

なぜ今? 首相主導の働き方改革