ここから本文です

入院費は月50万円とも…高畑裕太精神科入院と治療の中身

日刊ゲンダイDIGITAL 9月13日(火)9時26分配信

 先月23日、強姦致傷容疑で逮捕されたが不起訴処分となり、9日に釈放された女優の高畑淳子(61)の息子で元俳優の高畑裕太(22)。群馬県・前橋署を出ると、そのまま埼玉県内の病院に向かい入院。一夜明けた10日、主演舞台「雪まろげ」の稽古が休みだった高畑は同病院に布団を運び込んで久々に息子と水入らずの時間を過ごしたというが、入院は“苦肉の策”だったという。

「同舞台は今月24日に初日を迎え、地方公演も含め年内いっぱい公演。裕太が都内の自宅に帰れば連日マスコミが集まり、近隣住民の迷惑になるので、舞台の期間中は入院させて静養させるようです」(ワイドショー関係者)

 入院したのは埼玉県内でも名の知れた救急・急性期治療に特化した精神科病院。都心から離れ、最寄り駅からも徒歩30分ほどと喧騒から距離を置くには最適の環境だが、加療の内容、費用、入院中の生活はどうなるのだろうか。

「そもそも宿泊先のホテルで女性従業員と行為に及んでいなければこんな騒動には発展しなかった。性的衝動についてのカウンセリングが必要だと思われ、衝動が抑えられなかった原因を自己洞察を深めることで検証する内観療法、向精神薬を用いる薬物療法、対人関係などの生活能力の改善を目指す日常生活技能訓練など、さまざまな治療法が試されることになる。高畑さんは息子を個室に入院させたと思われるので入院費はひと月50万円はくだらないはずです」(医療関係者)

 不起訴になったとはいえ芸能界復帰は厳しいという見方が強い裕太。病院で自身と真摯に向き合うことで活路を見いだすしかない。

最終更新:9月13日(火)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。