ここから本文です

東京世代育成を!日本協会に異例の“Jリーグマネー”投入へ

スポニチアネックス 9月13日(火)7時0分配信

 日本サッカー協会は12日、都内で常務理事会を開き、Jリーグと共同で20年東京五輪へ向けた強化プロジェクトチームを発足する方針を固めた。常務理事であるJリーグの村井満チェアマン(57)がアンダーカテゴリー強化などの施策を提案。Jリーグが英パフォームグループと契約した10年間総額2100億円の放送権料の一部が、強化費として投入される見通しだ。

 国内スポーツ界で過去最大となる10年総額2100億円のJリーグ放送権料が、20年東京五輪を控えた日本サッカー界の強化に生かされる。12日の日本協会常務理事会で、Jリーグの村井チェアマンはプレゼンテーションソフトのパワーポイントを使い、育成世代の強化策などを提案。協会幹部は「凄く考え抜かれていて、完成形に近いものを示してもらった。東京五輪へ向けた強化を日本協会とJリーグでプロジェクトチームをつくって一緒にやっていこうということ。たくさん、お金も入ったみたいですしね」と明かした。

 Jリーグは14、15年にU―22選抜をJ3リーグに参戦させ、今季からFC東京、G大阪、C大阪のセカンドチームをJ3に入れるなど若手育成の試行錯誤を続けてきた。だが、今季のJ1クラブでレギュラーを張るU―23世代の選手はGK中村(柏)、MF遠藤(浦和)、MF大島(川崎F)ら数えるほど。リオデジャネイロ五輪が1勝1分け1敗の1次リーグ敗退に終わり、村井チェアマンは「Jリーグそのものの敗北だった」と語っていた。

 日本協会は現在もJJP(JFA・Jリーグ協働プログラム)と称し、Jクラブの下部組織の海外遠征支援をしているが、Jリーグ側の資金が日本協会の育成施策に投入されるのは異例。アンダーカテゴリー強化に特化したJクラブへの分配金の新設などが検討されているもようだ。日本協会幹部は「日本サッカーを強くするための、Jリーグの壮大な計画」と語っており、一日も早く実現することが期待される。

最終更新:9月13日(火)7時0分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]