ここから本文です

高畑裕太の甘ちゃんぶりに大バッシング 示談成立→入院施設は「豪華ホテル並み」

夕刊フジ 9月13日(火)16時56分配信

 強姦致傷容疑で逮捕され、9日に不起訴処分となり釈放された俳優、高畑裕太(22)。被害者との示談では多額の示談金を支払ったとみられるうえ、心身ともに不調のため、釈放後すぐに入院をしたことで、ネット上では大バッシングが上がっている。所属事務所からも解雇され、俳優としての道はほぼ閉ざされたようだ。

 高畑は釈放後、埼玉県内の医療施設に入院。この施設は、鬱病や心身症、神経症のみの治療や入院を目的として設立されたもの。高畑の精神状態が不安定であることがうかがわれる。

 「釈放されたときの高畑の様子がすでに心配だった。にらみつけるような目つきに絶叫するような謝罪。相当、精神的にまいっているのが見てとれました」と芸能関係者。

 心を癒やす施設であるため、スパ施設やトレーニングルーム、図書館などを設備し、音楽コンサートなども行われることから、ネット上では「豪華ホテル並み」という表現を使って、高畑の入院に疑問を投げかける書き込みが相次いでいるのだ。

 「オーバーワークで精根尽き果てたビジネスマンが全額自費でリフレッシュするところ」

 「母ちゃん甘々」

 「もう、これは塗る薬がない」

 「この期に及んで親の金で何してんの」

 さらに、示談が成立したことをめぐっても同じようなバッシングが上がっている。

 一部では数千万円との情報も飛び交うほどで、「お金で決着をつけた」「どうせ母親が払ったのだろう」と散々だ。

 「たとえ無罪主張をするとしても、これ以上事態を長引かせたくなかったのだろう。示談金は数百万円レベルと、かなり高額に及んだとみられます。もちろん高畑に払える額ではなく、母親である高畑淳子も援助している」と演劇関係者。

 ブレークのきっかけはNHK連続テレビ小説「まれ」だったはずだが、とんだ「あまちゃん」だったとは。

最終更新:9月13日(火)17時17分

夕刊フジ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。