ここから本文です

P・T・アンダーソン監督とD・デイ=ルイス、ファッション界舞台の新作で再タッグ

映画.com 9月13日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)のポール・トーマス・アンダーソン監督と主演のダニエル・デイ=ルイスが、1950年代のロンドンのファッション界を舞台にした新作で再タッグを組むことが、正式に決定した。

 米ユニバーサル・ピクチャーズとフォーカス・フィーチャーズが、争奪戦の末に同作の全世界権を獲得したことを発表した。タイトル未定の新作は、2017年1月の撮影開始、同年中の公開を目指している。来年は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」公開からちょうど10年になる。

 アンダーソン監督の最新の2作、「インヒアレント・ヴァイス」と「ザ・マスター」を手がけた、ミーガン・エリソン率いる米アンナプルナ・ピクチャーズが製作を務める。

 デイ=ルイスは、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の孤独で強欲な石油王ダニエル・プレインビュー役で2度目のアカデミー主演男優賞を受賞。その後、「リンカーン」(2012)で史上初の3度目の主演男優賞に輝いたが、同作以降、映画には出演していない。

最終更新:9月13日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。