ここから本文です

「124年間で最悪のミス」 バロテッリにリヴァプールファンが怒りの反論

ISM 9月13日(火)9時37分配信

 リヴァプール(イングランド)への加入は「人生最悪の決断だった」と述べたFWマリオ・バロテッリに、同チームのサポーターが反論した。英『デイリー・エクスプレス』紙(電子版)が現地時間12日(以下現地時間)に伝えている。

 2014年にミラン(イタリア)から1600万ポンド(約27億6000万円:当時)の移籍金でリヴァプールへ加入したバロテッリは、同チームでは、公式戦28試合で4ゴールに終わった。昨季は古巣ミランに期限付き移籍するも、セリエA20試合で1ゴールと不発。今夏フリートランスファーでニース(フランス)へと加わっている。

 同選手は11日に行なわれたマルセイユ戦でリーグ1デビューを飾ると、いきなり2ゴールを記録。しかし、その試合前に『Canal Plus』のインタビューで、リヴァプール移籍は「人生最悪の決断だった」「最高のファンと、仲良くやっていた一部の選手を除けば、そのクラブのことは好きじゃなかった」などと述べ物議を醸していた。

 このコメントを受けて、多くのリヴァプールファンが「ツイッター」で反論の声を挙げた。「おそらくそうだろう。でも、彼の獲得は124年のクラブ史最悪のミスだった」「だからなんだ。戻ってくるなよ」「もうここでは話題にもなってない」「家に自分で火をつけたことは忘れたんだろう」といった辛辣なコメントが多く寄せられた。一方で、「残念ながら最後まで20%以上の力を出す努力をしなかった」「アイツに才能があることは否定できない。バカだったことが残念だ」「バロテッリのことは好きだが、問題の責任は誰にあるのか。鏡をよく見てほしい」といった、才能の浪費を嘆くファンもいた。

最終更新:9月13日(火)9時38分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]