ここから本文です

孫正義が苦言、「電力はなぜつながらないのか」

スマートジャパン 9/13(火) 7:10配信

 2016年9月9日に開催された、自然エネルギー財団設立5周年記念シンポジウムは「世界中の電力網に自然エネルギーをつなぐ~脱炭素の時代へ急転換する世界ビジネス~」をテーマに、自然エネルギー関連の有識者、国内の地方自治体首長をはじめ米国、中国、韓国、ロシアの電力事業関係者らが参加した(図1)。

●「Asia Super Grid」ビジョンの実現

 冒頭、スピーカ-として登場した孫氏は「脱炭素を目指すアジア」というタイトルに合わせて2011年9月に発表した「Asia Super Grid」ビジョンについて述べた。

 東日本大震災の発生後、現地に赴いた孫氏はその状況を見て、原発に代わる安全・安心そして安価な代替エネルギーとして、自然エネルギーの創造を決意したという。ただ、当時は日本だけでは自然エネルギーによる発電量は少なかったことから、他のアジア諸国で発電し、電力網をつなぎ日本まで送ることでそれに対応することを考えた。それが同ビジョンである。ただ、それを現実化するためには採算面からも政治的な側面からも不可能だと思われていた(図2)。

 そうした中で、孫氏はまず国内から太陽光、風力による発電を開始した。ソフトバンクの関連会社であるSBエナジーは現在計画中のものも含めて33サイトを運営している(図3)。その後、海外進出を行い、自然エネルギーを生み出す環境に恵まれたモンゴルで7GW(ギガワット)分の風力発電が可能な土地を入手した。既に一部で発電所の建設を開始している。さらにインドで350MW(メガワット)のソーラー発電所を現在建設中だ。インドでは将来的に20GW程度の発電を行う計画。「恐らくインドでは世界最大の風力・ソーラー発電所をわれわれがプロジェクトとして行うことになる」(孫氏)という。

 孫氏が、同ビジョンを発表した当時に比べて、現在はソーラー、風力発電所の数は急激に増え、発電量も大幅に拡大している。ただ、これを各国の電力網をつないで送電することは政治的にも難しい状況にあった。こうした厳しい中で、孫氏は2016年中国国家電網(SGCC)前会長の劉振亜氏に出会う。

●北東アジアを結ぶGridを「ゴールデンリング」

 孫氏と中国国家電網の劉氏は「国々はお互いにつながりあうことが必要だ」というビジョンで意気投合したという。さらに、モンゴルから日本まで送電するにはその他の国の協力も必要となることから、ロシア(ロシアグリッド)、韓国(韓国電力公社)へも声掛けして、4社は2016年3月に事業開始に向けての調査を開始するMOUを締結した。孫氏はこの北東アジアを結ぶGridを「ゴールデンリング」と名付けている(図4)。

 この4か国を合わせるとアジア全体の発電量の76%、電力消費の77%を占めているからで、「これをつなげることは世界の希望となる」(孫氏)とこの送電ルートを位置付けている。採算面でもロシアルート、中国~韓国ルートともに試算によると日本での石炭での火力発電よりも低コストになる可能性がみえてきており、孫氏は「これはいけるのではないか」と現実味が帯びてきていることに自信をみせた。(図5)

 孫氏は最後に「2020年の東京オリンピックのころには、聖火ランナーのようにこのゴールデンリングがつながれば」と述べ、あいさつを締めくくった。

 また、孫氏は「自然エネルギー拡大を加速し、世界の送電網に大量導入するために」をテーマとしたディスカッションにも参加し、「情報や通信という業界では、既に世界がつながっているが、電力はなぜつながらないのか」という疑問を投げかけた。さらに、「Asia Super Grid」ビジョンの政治的な問題の解決に向けて「日本の政治家にもバランスの取れた人がいる。多くの問題は常にあるが、どの段階でコミットメントできるか、政治家としてのリーダーシップを発揮してもらえるものと信じている」と期待感を示した。

 なお、ディカッションには劉氏、韓国電力公社チョ・ファンイク社長、OJSC ROSSETI社オレグ・ブダルギン社長(ロシア)、ロッキー・マウンテン研究所エイモリー・B・ロビンス名誉会長が参加した。

最終更新:9/13(火) 7:10

スマートジャパン