ここから本文です

アニメ「SING/シング」プレミアにマシュー・マコノヒー、スカヨハら登場

映画ナタリー 9月13日(火)8時0分配信

カナダ現地時間9月11日、「SING/シング」のプレミア上映イベントが、第41回トロント国際映画祭にて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「SING/シング」は、「ミニオンズ」「ペット」でおなじみのイルミネーションエンターテインメントとユニバーサルスタジオのタッグが贈る新作アニメーション。コアラのバスタームーンが経営難に陥った自らの劇場を救うため、歌唱コンテストを主催することから物語が展開していく。

このイベントには、バスタームーン役のマシュー・マコノヒー、25匹の子豚たちの母親ロジータ役のリース・ウィザースプーン、ヤマアラシのアッシュ役を務めたスカーレット・ヨハンソン、監督のガース・ジェニングスらが出席した。

会場に詰めかけたファンのサインや写真撮影の求めに快く応じるキャストたち。そしてマコノヒーは「観ているうちに、登場するキャラクターが動物に思えなくなり、なんだか僕らと同じ問題を抱えた人間であるかのように思えてくる。展開が早くて、あっと言う間に引き込まれてしまうんだ」と本作の魅力を語る。

さらにウィザースプーンは「これは夢を持つ多くの人々に願いをかなえる素晴らしさを伝える映画だと思う。私の役は25匹の子供を持つ母親で、いつも自分の夢なんて二の次。多くの親に共感してもらえるはずよ」とコメントし、ヨハンソンは「あなたの夢を実現する力を信じてくれている友達を信頼し、勇気を出して彼らの肩を借りること。それに何よりも大切なメッセージは、挑戦するならリスクを恐れてはならないってこと。失えば得るものもあり、得るものがあれば必ず何かを失う。それこそが、この映画の伝えたいことじゃないかしら」と見どころをアピールした。

またプレミア上映終了後には、ゾウのミーナを演じたトリー・ケリーがジェニファー・ハドソンとともにデュエット曲「ハレルヤ」を披露し、観客を魅了した。

「SING/シング」は、2017年3月に全国でロードショー。



(c)Universal Studios.

最終更新:9月13日(火)8時0分

映画ナタリー