ここから本文です

B'zの新曲が映画「疾風ロンド」の主題歌に決定

音楽ナタリー 9月13日(火)8時0分配信

11月26日に公開される映画「疾風ロンド」の主題歌がB'zの新曲「フキアレナサイ」に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「疾風ロンド」は東野圭吾の同名小説を吉田照幸監督が実写化したサスペンスコメディ。巨大スキー場を舞台に、阿部寛扮する頼りない研究員・栗林和幸が、研究所から盗まれた違法生物兵器を取り戻そうと奔走するさまが描かれている。またスキー場のパトロール隊員・根津昇平役を関ジャニ∞の大倉忠義が、スノーボード選手・瀬利千晶役を大島優子が演じている。

なお主題歌はかねてからB'zのファンであった吉田監督のオファーを受けてB'zが本作のために書き下ろしたもの。この新曲について2人は「派手で時折滑稽な場面もある活劇のなかに、登場人物が自分の進むべき道を信じ葛藤する気持ちが細やかに描かれているのが非常に印象に残りました。そんな心理状態と、激しく舞う雪を重ね合わせて、この“フキアレナサイ”を創りました」とコメントした。

B'z コメント
「疾風ロンド」の原作を読んで、派手で時折滑稽な場面もある活劇のなかに、登場人物が自分の進むべき道を信じ葛藤する気持ちが細やかに描かれているのが非常に印象に残りました。そんな心理状態と、激しく舞う雪を重ね合わせて、この“フキアレナサイ”を創りました。迫力ある映像、ストーリーとともにお楽しみ下さい。

阿部寛 コメント
主題歌をB'zさんに書き下ろしていただけると聞き、ワクワクしました。サスペンス、アクション、コメディと様々な要素が疾風のごとく駆け抜ける本編の締めくくりは、この楽曲を置いて他に無いでしょう。鑑賞後の爽快感そのままに劇場をあとにできること請合います。

最終更新:9月13日(火)8時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。