ここから本文です

水卜麻美アナに3月退社説 “フリー転身”なら年収いくら?

日刊ゲンダイDIGITAL 9月13日(火)9時26分配信

「好きな女子アナランキング」でV3を達成し、かねて“フリー説”が囁かれていた「ミトちゃん」こと水卜麻美アナ(29)の日本テレビ退社がいよいよ現実味を帯びてきた。

 ネットニュースが「来年3月31日」と具体的日時を特定して報じたため、テレビ関係者の間で話題になっているのだ。それによると、ひとつ目の理由は局上層部にポッチャリ体形を生かした大食いを求められることを「食ハラ」と感じていること、ふたつ目は来年4月10日で30歳になるので、「その前に」などが退社タイミングの理由として述べられている。

 そこでガ然、興味をそそられるのはミトちゃんの“商品価値”だ。フリーのミトちゃんはいったい、いくらぐらい稼ぐのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「最近、フリーになった局アナといえば、“スーパー綾子”こと元フジテレビの加藤綾子がいますが、退社しても、それまで担当していた『ホンマでっか!?TV』などを継続している上、辞めた途端に『シャープ』と『アサヒビール』という2本のCMを獲得している。年収は局アナ時代の5倍、1億円に限りなく近づいているともっぱらです」

 キャラクターが全然違うとはいえ、ミトちゃんは人気では加藤をしのいでいる(加藤は3年連続2位)。となると、やっぱり1億円超えか。

「可能性は十分です。ポッチャリキャラがハッキリしている分、水卜アナの方がCMスポンサーが付きやすい。食品メーカーなどはどこも喉から手が出る存在でしょう。さらに、水卜アナが加藤アナと決定的に違うのは『ヒルナンデス!』という帯番組を持っていること。仮にこちらも継続するとなると、軽く1億円は超えるはずです」(前出の肥留間氏)

 フリーになっても「食ハラ」からは逃れられない運命みたいだが、ギャラが出るなら食べ甲斐もあるというものだ。

最終更新:9月13日(火)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。