ここから本文です

クリントン氏の予想勝率が低下、健康問題浮上で=賭けサイト

ロイター 9月13日(火)4時19分配信

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の健康問題が浮上したことを受け、オンライン賭けサイトでは同氏の勝利を予想する見方が後退した。

クリントン氏は11日、2001年9月の同時多発攻撃の追悼式典中に体調不良を訴え、途中退席した。ソーシャルメディアでは、クリントン氏がよろめき、歩行も困難な状況で警備に付き添われながら車に乗り込む様子が流れた。

プリディクトイットによると、クリントン氏勝利の予想確率はその直後から低下。11日は7%ポイント低下の64%と、7月下旬に候補指名を受諾して以降、1日としては最大の落ち込みとなった。12日は1%ポイント回復した。

一方、共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏の予想勝率は3%ポイント上昇し34%。12日は変わらずとなった。

パディー・パワーでは、過去24時間にクリントン氏勝利の予想確率が73%から65%に下がる一方、トランプ氏は33%から約40%に上昇した。

最終更新:9月13日(火)4時19分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。