ここから本文です

「2PM」、パーフェクト万能ドルの健在アピール…“ジェントルマン”としてカムバック

WoW!Korea 9月13日(火)10時12分配信

韓国アイドルグループ「2PM」がジェントルマンの姿で女心を揺らしに帰って来た。

 「2PM」は13日0時、ニューアルバム「GENTLEMEN'S GAME」を公開し、約1年3か月ぶりに韓国カムバックを果たした。

2PMのプロフィールと写真

 洗練されユニークなジェントルマンとして帰って来た「2PM」はタイトル曲「Promise (I’ll be)」を通して、これまで見せていなかったまた違う男性美を披露し、「2PM」の健在をアピールした。

 また、今回のアルバムで韓国を代表する男性アイドルとしての地位を築いた「2PM」の音楽的才能も誇っている。

 タイトル曲の「Promise (I’ll be)」はメンバー、テギョン(27)が作詞・作曲を手掛けた。すべて「2PM」の色に合うように組み合わせた曲で、愛のさまざまな側面の中の信頼と献身の深みある話を描いた。

 「2PM」だからこそ解き放てるメッセージとサウンドを込めるため、メインプロデューサーとしてテギョンが立ち上がった。JYPエンターテインメント所属の作曲家Raphael、香港で歌手兼作曲家として活動しているLesley Chiangが3か月間かけて完成させた。

 この他にも11のトラックリストのうち7曲にメンバーの手が加えられている。ウヨン(27)は「Giv u Class」と「鼻唄」の作詞・作曲を手掛け、チャンソン(26)は「Make Love」と「Can't Stop Feeling」の作詞・作曲、「Uneasy」の作詞に参加した。テギョンは「香水」のラップメーキングにも加わり、作曲家たちと共に名を連ねた。

最終更新:9月13日(火)10時12分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。