ここから本文です

dtvマンガで「ココロ・ボタン」を独占配信 主題歌はSOLIDEMO「Orange」に決定

CDジャーナル 9/13(火) 16:26配信

 漫画をコマ割りして動かし、声優によるセリフや効果音などを付け加えた動画で楽しむ、dTVの人気ジャンル“マンガ”。新たなラインナップとして、平凡な女子高生とドS男子のラブ・ストーリーを描いた少女漫画「ココロ・ボタン」(原作: 宇佐美真紀 / 小学館「ベツコミ」刊)を9月20日(火)から独占配信します。また主題歌は、8人組男性音楽グループのSOLIDEMOによる最新シングル、爽やかなポップ・チューン「Orange」に決定。リーダーのシュネルは「〈Orange〉のサウンドと歌詞がマンガの世界ととっても合う楽曲だと思います。皆さんのドキドキするような気持ちと一緒に主題歌も楽しんでもらえると嬉しいです!」とメッセージを寄せています。

 秀才だがドSな一面もある“衛人(エイト)”に惹かれる主人公、平凡な女子高生“新奈(ニーナ)”を演じた声優・青山吉能(あおやまよしの)は、「彼女(新奈)の言動全てに声を当てていくうちに、自然と彼女の中に引き込まれていき、最終的には勝手に声が出るほどでした」とコメント。また、原作者の宇佐美真紀は“マンガ”について、「声優さんの可愛い声、素敵な声で読まれると別物でした! 絵も動いてるような演出で感情が伝わりやすく、作品が素敵に生まれ変わったように思えました。初めてココロ・ボタンを知る方にも、楽しんでもらえるのではないかなーと思います!」と感想を述べています。

©宇佐美真紀 / 小学館 / BeeTV

最終更新:9/13(火) 16:26

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]