ここから本文です

マンU、V・ハール前監督ら解任で約11億円の支払い

ISM 9月13日(火)11時59分配信

 マンチェスターU(イングランド)は現地時間12日、昨季終了後に退任したルイス・ファン・ハール前監督やそのスタッフに840万ポンド(約11億4000万円)の補償金を支払ったことを明らかにした。

 2014年に就任したファン・ハール監督は昨季、FAカップのタイトルを獲得したものの、チャンピオンズリーグ(以下CL)出場権を得ることができず、5月に解任された。

 マンUは12日に2015-16シーズンの財務決算を発表。そのなかで、ファン・ハール氏やスタッフへの補償金額が明らかになった。また、クラブの収入が前年比で30%増の5億1530万ポンド(約697億円)であることも判明している。

 CLのボーナスもあり、人件費は15%増の2億3220万ポンド(約315億円)。収益は3640万ポンド(約49億3000万円)となっている。(STATS-AP)

最終更新:9月13日(火)12時0分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。