ここから本文です

テスラ、日本市場に新型SUV投入 来年から低価格車も

朝日新聞デジタル 9月13日(火)5時3分配信

 電気自動車(EV)専業の米テスラ・モーターズが12日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)を日本でも売り出した。従来モデルも含め、高級車路線で一定の成功を収めてきたが、EVをつくる他社と同じく販売台数はまだ少ない。普及をめざし、来年からは低価格車も出す。

【写真】テスラの新型EV「モデルX」。後部座席の後ろにもゴルフバッグなどを積める=東京都内


 発売した「モデルX」は、後部座席のドアが上方に開き、翼のように広がるデザインなどが特徴だ。7人乗りで消費税込み895万円から。日本法人のニコラ・ビレジェ社長は「盛り上がるSUV市場に、唯一無二のEVで乗り込む」と話した。

 1回の充電で走れる航続距離は最長542キロで一般的なガソリン車並みだが、高速道路での車線変更など最先端の自動運転機能も備える。ハンドル操作に伴う車の曲がり具合の調整なども、ネットを通じてできるという。

 テスラは、起業家イーロン・マスク氏らが2003年に設立した。工場は、かつて米ゼネラル・モーターズとトヨタ自動車の合弁会社が運営していた跡地を利用。搭載する大容量のリチウムイオン電池は、パナソニック製だ。

 ただ、いまのところ電池は高価で、航続距離を伸ばそうとするとEVの価格を押し上げてしまう。そこで主力セダン「モデルS」をはじめ、大型で内装にもこだわった高級車路線をとったところ、目新しい高級EVを買ってくれる富裕層の支持を得た。

 それでも16年の生産能力は8万~9万台で、年1千万台を売るトヨタなど大手とは競争の次元が異なるとされてきた。

 テスラはいま、状況を変えてEVをもっと普及させようとしている。電池のコストダウンなどを通じ、価格を500万円前後に抑えた新型「モデル3」の販売を17年から順次始める。計画を発表した今年3月末からの予約は、テスラがこれまで世界で売った14万台を超え、37万台に達した。

朝日新聞社

最終更新:9月13日(火)5時3分

朝日新聞デジタル