ここから本文です

連続“トリプル3”濃厚 地元出身の山田を逃した阪神の節穴

日刊ゲンダイDIGITAL 9月13日(火)9時26分配信

 今でも「なぜだ?」という声は少なくない。

 ヤクルトの山田哲人(24)は、NPB史上初の2年連続、2度目のトリプル3が堅い。11日現在、打率.324(4位)、38本塁打(2位)、30盗塁(1位)、96打点(2位)。来季は三冠王やNPBでは初となる40-40(40本、40盗塁)の達成も十分可能だ。その山田を阪神はなぜ取りに行かなかったのかというわけだ。

 高卒6年目の山田は大阪の履正社高出身。10年ドラフトでヤクルトとオリックスから、「外れの外れ1位」で指名されヤクルト入り。阪神は同年に早大右腕の大石(西武)を指名。5球団との競合に負けて榎田(30)を獲得したものの、この社会人左腕は主に中継ぎ起用で昨年まで12勝。今季は1勝止まりで大黒柱ではない。

 あるOBが言う。

「阪神は特に内野手を見る目がない。03年自由枠で取った鳥谷(35)は主力になったが、あれは早大OBだった岡田(同年オフから監督)が尽力したから来てくれたようなもの。04年岡崎(33・自由枠)、06年野原、07年高浜(2人は高校ドラフト=退団と移籍)、11年1位の伊藤隼(27)らはさっぱり。1位指名の野手で当たったのは新人の高山(明大)だけ。野手に1位指名を使うのはもったいないと思っているのかもしれないが、鳥谷以降、リーグを代表する野手は育っていない。広島も1位で投手を取りにいくが、07年高校生3位の丸(27)、11年2位の菊池(26)、12年2位の鈴木誠也(22)、13年3位の田中(27)はみなレギュラー。そういえば、もっかリーグ最多本塁打(39本)で、打率、打点も上位にいるDeNAの筒香(24)も09年1位の高卒野手だ。スカウト下手、ドラフト戦略の失敗もダメ虎へ逆戻りした一因だ」

 阪神はフロントも総退陣した方がいい。

最終更新:9月13日(火)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]