ここから本文です

スコールズ氏、ブリント&バレンシアの最終ライン起用を批判

ISM 9/13(火) 17:03配信

 マンチェスター・U(イングランド)のOBであるポール・スコールズ氏が、マンチェスターダービーを受けてデリー・ブリントとアントニオ・バレンシアの最終ラインでの起用を批判した。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間12日(以下現地時間)に伝えている。

 10日に行なわれたマンチェスターCとのダービーマッチを1対2で落とし、今季初黒星を喫したマンU。この試合を受けてスコールズ氏は、ブリントとバレンシアについて批判的な見解を述べた。

 スコールズ氏は、英『マンチェスター・イブニングニュース』で「ブリントはセンターバックより守備的MFの方が良い」「なぜかって? プレミアリーグでCBとしてプレーするには、フィジカル面で限界があるからだ。ダイナミックなケヴィン・デブルイネを止めるには不十分だと分かっていた。長期的には、(クリス・)スモーリングがバイリーのパートナーになるべきだろう」と自身の見解を示した。

 スコールズ氏はまた「バレンシアについては、彼は右サイドバックではない。今後もそうはならない。たとえ調子がよかったとしてもだ」「しかし、マッテオ・ダルミアンが上手くいっておらず、ティモシー・フォスメンサーに先発の準備が整っているかは疑問符がつく。だから、より難しい状況だ」と、右サイドはほかに選択肢がないと語っている。

最終更新:9/13(火) 17:03

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。