ここから本文です

<知念侑李>「とても整った顔」と自画自賛 内村光良「調子に乗りすぎ」

まんたんウェブ 9月13日(火)20時13分配信

 人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の知念侑李さんが13日、東京都内で行われた映画「金メダル男」(内村光良監督)の完成披露舞台あいさつに出席。今作が初主演映画となる知念さんは、MCから「大変だったこと」を聞かれると、「(内村監督からリクエストされた)変顔。とても整った顔をしているので、それを崩すのが難しかったです」と自画自賛。直後に「少し調子に乗りすぎました!」と謝罪して、いたずらっぽく笑った。

 舞台あいさつには、内村監督、木村多江さん、土屋太鳳さん、平泉成さん、宮崎美子さんも登壇。知念さんは劇中、土屋さんとのダンスシーンがあるといい、体育大学で舞踊学を専攻している土屋さんの踊りに「太鳳ちゃんがうまいんですよ!」と驚きの表情。一方で「でも僕も一応プロですから、負けられないなと。やっぱり(ダンスの実力は)ジャニーズ1だと思っているので」と再び自画自賛して、内村監督から「さっきから調子に乗りすぎだよ!」と突っ込まれていた。

 「金メダル男」は、内村さんが2011年に行った一人舞台「東京オリンピック生まれの男」を基にした映画で、自ら脚本を手がけ、監督、主演も務めている。何度失敗しても決してめげずに立ち上がり、さまざまな「一等賞」に全力で向かっていく主人公の生き方を、昭和から平成の時代風景と重ね合わせながらユーモアたっぷりに描いている。10月22日公開。

 知念さんは、内村さんとダブル主演で、主人公の若き日を熱演。日本テレビのバラエティー番組「スクール革命!」で知念さんと長く共演している内村監督は、会場に詰めかけた大勢の知念さんファンの姿に「知念の人気の高さに驚いています」と語り、「すごく小さかったのに、こんなに大人になって、立派な主演になりました」としみじみ。

 知念さんが「今回いろんな顔とか、面白い動きをやっているんですが、直接、監督が動きを見せてくださって、それをまねしながら頑張りました」と撮影を振り返ると、内村監督は「みるみる上達してきて、自分から変顔をやるようになった。こんな知念は見たことがないというところを大いに楽しんでもらえたら」とアピールしていた。

最終更新:9月13日(火)20時13分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。