ここから本文です

姫路・二階町商店街にコワーキングスペース 利用者のつながりに重点置く /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 9月13日(火)10時0分配信

 姫路・二階町商店街に9月1日、コワーキングスペース「Shares(シェアーズ)」(姫路市二階町、TEL 090-4644-8219)がオープンした。
(姫路経済新聞)

 コワーキングスペースとは、各個人が独立して働きながら事務所や会議室などのスペースを共有する場所のこと。仕切りがなく、イベントを開いたりアイデアを共有したりするなど、参加者同士のコミュニケーションに重点を置いているのが特徴。

 同スペースは、二階町商店街にある広さ40坪のビル2階と3階を使う。席数は約40席。フリーアドレス(自由席)、会議室、セミナールームのほか、固定のデスクも設け事務所として利用できる。キッズルームも完備。水、お茶、コーヒーは無料で提供する。

 運営する國光洋志さんは、商工会議所が1年に1回開催する起業塾に受講生として3回参加。多くの起業前の人と触れ合う中で、創業期は夢と希望と同時に不安も抱えていることを知り、「この人たちのお手伝いができないかという思いがあり、それぞれが持つ特技や苦手なことを補完できる関係が築き上げられることに気付いた」國光さん。

 同スペースを利用している鶴晴司さんは「國光さんは利用している人をよく理解している。つながると面白そうだなと思う利用者同士に名刺交換を促したり、仕事を紹介したりなど、ナイスアシストがうれしい」と話す。

 國光さんは「2時間利用(500円)もあるので、カフェ代わりに利用してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

フリースペース

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月14日(水)8時44分

みんなの経済新聞ネットワーク