ここから本文です

マエケン“新人いじり”にノリノリ チアリーダー姿のままホテルへ

東スポWeb 9月13日(火)11時21分配信

 ドジャースのロバーツ監督は12日(日本時間13日)、敵地でのヤンキース戦前に前田健太投手(28)の次回登板が、16日(同17日)に敵地で行われるダイヤモンドバックス戦に決まったと発表した。中4日でのマウンドとなる。

 前田は11日(同12日)の敵地でのマーリンズ戦に登板後、メジャー恒例の新人に仮装させる「ルーキー・ラギング」でチアリーダーに扮してマイアミから遠征先のニューヨークへ移動。他の選手や通訳らとともにミニスカート姿で、両手にポンポンまで持たされた。カメラマンに「下から撮らないで。修整もお願いします」と冗談を飛ばすなどノリノリ。

 ニューヨーク到着後は空港からホテルへ向かうバスを途中で降ろされ、チアリーダー姿のままマンハッタンの中心部をホテルまで歩いた。自身のインスタグラムにその動画をアップしている。

 登板一夜明けの前田はストレッチと軽いキャッチボールで調整。その後は中堅でフリー打撃の球拾い。打球を追いかけて左右に走り、汗を流していた。

最終更新:9月13日(火)11時30分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。