ここから本文です

山田孝之、呆然として動けなかった…『闇金ウシジマくん』ファイナルの結末は!?

シネマトゥデイ 9/13(火) 19:08配信

 俳優の山田孝之が13日、赤坂サカスで行われた映画『闇金ウシジマくん Part3』の公開直前イベントに出席、完結を迎える『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』を観た直後は呆然として動けなかったと明かし、結末への期待をあおった。

【写真】山田孝之らがファンに大サービス!

 同作は山田が高金利の金融屋を演じる人気シリーズの映画版。真鍋昌平による原作コミックの「フリーエージェントくん編」「中年会社員くん編」を基に、欲にまみれた登場人物たちの行く末を描く。この日は、山田、最上もが、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督がレッドカーペットをファンサービスして歩いた。

 劇中の金融屋「カウカウファイナンス」のメンバーは、高級車ハマーに乗って登場すると、予定時間をオーバーしてサインや記念撮影に応じるなどファンと大盛り上がり。ステージでは、山田は『Part3』について「安心して観てもらえれば大丈夫です」とアピール。さらに、完結を迎える『ザ・ファイナル』については「覚悟して観てください」と話し、「ちょっと今までと映画自体の色が違います。試写で観終わった後に『そんな終わり方するんだ』と呆然として動けなかったです。すごく面白かったですし、『ウシジマくん』なのにいい映画になってるって思いました」と率直な感想を語った。

 また、現在放送中のドラマについては、やべが「カウカウの面々がそれほど物語に絡んでいかない部分もありますが、ここからバババッと、僕らで言う水戸黄門みたいな感じに一気にいきます」と解説。崎本は撮影の苦労について「台本で用意されていた台詞からニュアンスを変更する時もあって、対応していくのが大変でした」と振り返った。

 一方、映画3作目から加わった最上は、現場に初めて入った当時の心境を「カウカウのメンバーが出来上がっていたので恐怖でした。でも、オンオフがはっきりとしているというか、オンの時は現場がビシッとしていたけど、オフの時は朗らかに撮影させていただきました」と吐露。ハマーで酔っていた事を明かされる一幕もあり、やべから「あんなに踊っているのに?」と突っ込まれると最上は「三半規管が弱くて。踊るのは自らの意志だけど、あの方(ハマー)は(揺れが)予測できないので」と乗り物に弱い一面も見せていた。(取材・文:中村好伸)

映画『闇金ウシジマくん Part3』は9月22日公開

最終更新:9/13(火) 19:36

シネマトゥデイ