ここから本文です

上原 再びVの使者となれるか

東スポWeb 9月13日(火)11時21分配信

【マサチューセッツ州ボストン発】レッドソックスの上原浩治投手(41)は12日(日本時間13日)、ブルペン捕手を相手にキャッチボールを11分間行うなどし、オリオールズとの首位攻防戦に備えた。投手陣の練習では、QB役のキンブレルやヘンブリーらが投げたアメフットのボールを、上原、田沢純一投手(30)らが走りながらキャッチするメニューを10分ほどこなした。

 上原は7月19日(同20日)のジャイアンツ戦で右胸筋を痛めて故障者リストに入り、6日(同7日)のパドレス戦で復帰。以来、3試合連続無失点と好投を続けている。ファレル監督は試合前会見で「コージが戻ってきてくれたと、みんなが感じている。球速はまだ完全には戻っていないかもしれないが、打ち取る技術、経験などは健在だ。残り20試合(チームに)大きなインパクトをもたらす可能性を持っている」と語り、2013年の胴上げ投手に大きな期待を寄せた。

 オリオールズに在籍していた10年から中継ぎに転向した上原の9、10月の成績は抜群だ。通算60試合に登板し、防御率2・15。54回1/3で85三振、四球はわずか1個。レンジャーズ時代の12年は14試合連続無失点でレギュラーシーズンを終えた。再びVの使者となるか。

最終更新:9月13日(火)11時31分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]