ここから本文です

SPYAIR 新曲「RAGE OF DUST」を11/9にCDリリース、全国ライブハウスツアーも決定

エキサイトミュージック 9/13(火) 12:15配信

10月2日より第2期が放送となるMBS/TBS系列TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。先日この作品のオープニングテーマにSPYAIR「RAGE OF DUST」が決定したことが発表されるや否や、大きな話題を呼んでいる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この大注目の新曲「RAGE OF DUST」がシングルとして11月9日(水)にリリースされることが決定、商品詳細およびニュービジュアルが公開された。

東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、 今年7月に新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる2016年第1弾シングル『THIS IS HOW WE ROCK』をリリース。この作品を携え開催した、富士急ハイランドでの単独野外ライブ『JUST LIKE THIS 2016』は13,000人を動員、現在のSPYAIRの勢いを象徴するライブを見せつけた。

そんな彼らの大注目の新作『RAGE OF DUST』は、ズバリ“戦い”がテーマ。日常で誰もが感じる理不尽や劣等感をも噛み締め、それでも“戦う”姿をSPYAIR節全開の前向きな力強いメッセージで描き出し、アニメの世界観とも見事にオーバーラップする会心作が完成した。

初回生産限定盤はカップリングに未発表の新曲に加え、7月30日に富士急ハイランドで開催した単独野外ライブ『JUST LIKE THIS 2016』より、ライブレア音源を含めた全10曲収録のボーナスCD付き。

期間生産限定盤は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期描き下ろし絵柄デジパックジャケット(後日公開)、カップリングには昨年12月に開催されたアリーナツアー『DYNAMITE~シングル全部ヤリマス~』より、「My World」のライブ音源が収録される。

このシングルを引っさげてのツアー『SPYAIR TOUR 2016 RAGE OF DUT』も決定。11月19日(土)Zepp Sapporoを皮切りに、全国5か所で開催する。SPYAIRオフィシャルモバイルサイトAIR-GATEではチケット最速先行予約がスタートした。

また、年末から年始にかけて、SPYAIR史上最大規模の東名阪アリーナツアー『真冬の大サーカス』も決定している。

≪リリース情報≫
New Single
『RAGE OF DUST』
2016.11.09リリース

【初回生産限定盤】2CD
AICL-3215~16 / ¥1,667(税抜)
※デジパックジャケット/特典CD付き
【期間生産限定盤】CD
AICL-3218 / ¥1,204(税抜)
※『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期描き下ろし絵柄デジパックジャケット
【通常盤】CD
AICL-3217 / ¥1,111(税抜)

[収録曲]
1. RAGE OF DUST
2. タイトル未定新曲
3. RAGE OF DUST(inst.)
4. タイトル未定新曲(inst.)
<Bonus CD> ※初回生産限定盤のみ収録
『JUST LIKE THIS 2016』 Live at FUJI-Q HIGHLAND 2016.7.30
1. THIS IS HOW WE ROCK
2. Rock'n Roll
3. JUST ONE LIFE
4. Are you Champion? Yeah!! I’m a Champion!!
5. STAR
6. YOU 2
7. あの頃、僕らは同じ未来を
8. Little Summer
9. JUST LIKE THIS
10. SINGING

≪ツアー情報≫
【SPYAIR TOUR 2016 RAGE OF DUST】
2016年11月19日(土)Zepp Sapporo
2016年11月21日(月)Zepp Nagoya
2016年11月23日(水・祝)福岡サンパレス
2016年11月26日(土)Zepp Namba
2016年11月29日(火)Zepp Tokyo

【SPYAIR ARENA TOUR 2016-2017 『真冬の大サーカス』】
2016年12月29日(木)日本ガイシ
2016年12月30日(金)日本ガイシ
2017年1月15日(日)大阪城ホール 
2017年1月20日(金)国立代々木競技場 第一体育館
2017年1月21日(土)国立代々木競技場 第一体育館

最終更新:9/14(水) 11:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]