ここから本文です

「タイガースジェット」機内販売の売上から熊本地震に寄付

レスポンス 9/13(火) 11:15配信

スカイマークは、特別デザイン機「タイガースジェット」の運航にあわせて機内販売しているオリジナルスポーツタオルの売上金から「2016年熊本地震」の義援金として熊本県に寄付した。

[関連写真]

同社では、4月27日から10月末まで、プロ野球球団「阪神タイガース」のロゴを機体側面にデザインした、特別デザイン機「タイガースジェット」を運航している。4月に発生した熊本地震の義援金として、阪神タイガースとスカイマークのロゴを記したオリジナルスポーツタオルの売上金から100万円を熊本県に寄付した。

また、タイガースジェット仕様のモデルプレーン、タイガースジェット・フライトタグ(キーホルダー)を機内で追加販売する。

一方、「タイガースジェット」の機内では、客室乗務員が阪神タイガースのユニフォーム(スカイマーク仕様)を着用しているが、新たに「ピンク」のユニフォームも登場する。

「タイガースジェット」の機内では、乗客の搭乗と降機の際、「六甲おろしカラオケバージョン」放送しているが、六甲オルゴールミュージアムが新たに制作した「六甲おろしオルゴールバージョン」を追加する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/13(火) 11:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。