ここから本文です

<映画興行成績>「君の名は。」がV3 累計興収62億円を突破

まんたんウェブ 9月13日(火)21時55分配信

 12日に発表された10、11日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、劇場版アニメ「秒速5センチメートル」(2007年)などを手がけた新海誠監督の約3年ぶりの新作「君の名は。」が3週連続で首位を獲得した。動員数は2日間で約85万2000人、興行収入は約11億3500万円と好調を維持。累計動員数は約481万人で、累計興行収入は62億円を突破した。

【写真特集】話題の「君の名は。」の名場面 感動、驚きも

 2位にはDCコミックスの人気キャラクターが大暴れするアクション娯楽作「スーサイド・スクワッド」(デビッド・エアー監督)が初登場でランクイン。約24万7000人を動員し、約3億9000万円の興行収入をあげた。3位も初登場で、女優の広瀬すずさんと俳優の山崎賢人さんが共演した「四月は君の嘘」(新城毅彦監督)。動員数は約20万人、興行収入は約2億4500万円だった。

 このほか初登場作品では、4位に俳優の佐々木蔵之介さん主演で14年に公開された「超高速!参勤交代」の続編となる「超高速!参勤交代 リターンズ」(本木克英監督)が入った。約17万2000人を動員し、興行収入は約2億800万円。7位には神と人間が共存する古代エジプトを舞台にした「キング・オブ・エジプト」(アレックス・プロヤス監督)がランクインしている。

 1位 君の名は。

 2位 スーサイド・スクワッド

 3位 四月は君の嘘

 4位 超高速!参勤交代 リターンズ

 5位 シン・ゴジラ

 6位 ペット

 7位 キング・オブ・エジプト

 8位 後妻業の女

 9位 青空エール

 10位 グランド・イリュージョン 見破られたトリック

最終更新:9月23日(金)14時43分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。