ここから本文です

太賀、憧れの山田孝之とCM初共演!「身が引き締まる」

cinemacafe.net 9月13日(火)17時45分配信

ゲーム好きでお馴染みの俳優・山田孝之が、事務所の後輩であり、ドラマ「仰げば尊し」での好演が記憶に新しい若手俳優・太賀と“CM初共演”を実現したPlayStation4(R)の新CM「山田の絶叫、太賀の昇天“PS4(R)に全部来る”篇」が、9月15日(木)より全国にて放送されることが分かった。

【画像】CMカット「山田の絶叫、太賀の昇天“PS4(R)に全部来る”篇」

本CMでは、山田さんと大河さんは本人役で登場。とある屋台でおでんを味わう太賀さんに「これから、宇宙規模のとんでもないことが起こるぞ」と深刻そうに山田さんが話を切り出す。不思議そうな表情を浮かべる太賀さんに、「一気にくるぞ」と凄みのある声で告げると、今年末に向けPS4(R)で発売される大作タイトルを唱えながら惑星に例えるように大きなおでんを次々と串に刺し、最後には「PlayStation(R)VR」を装着して大絶叫する山田さん。その勢いに、太賀さんも目を見開き大興奮! 最後はトドメの一言「(PS4(R)が)さらに新価格」で太賀さんは昇天してしまうのだった――。

撮影は東京都内の桟橋に屋台を設置して敢行。CMストーリーに合わせて、徐々にテンションを上げていく山田さんだが、一番ハイテンションで撮影したシーンでは、夜の桟橋にその大絶叫が響き渡り、通行人も思わず振り返ってしまう一幕も。山田さんの大絶叫に対して、カットがかかると思わず太賀さんから笑みがこぼれるなど、リアルな“先輩&後輩”ならでは穏やかな撮影だったようだ。


山田さんは『クローズ ZERO』シリーズや『闇金ウシジマくん』シリーズをはじめ、『凶悪』『バクマン。』、「電車男」「白夜行」「タイヨウのうた」と多数の作品でその演技力が高く評価される実力派。一方の太賀さんは、最近では「ゆとりですがなにか」での“ゆとりモンスター”っぷりが話題を集め、感動の最終回を迎えた「仰げば尊し」の熱演でも注目度急上昇中の若手俳優。実は、山田さんに憧れていまの事務所に入ったそうで、「やっぱりいまでも会うと背筋がピンと伸びますね。飲みの席では本当にフレンドリーにしてくださるので、踊っちゃうこともありますけど(笑)。でも職場で会うと身が引き締まるというか」と山田さんへの思いを告白。

2人はこれまで『MONSTERZ モンスターズ』『闇金ウシジマくん the Final』などで共演しているが、“CM”での共演は今回が初。山田さんは「映画やドラマでは3回共演しているんですけど、ほかにも何度か飲みの席では会っていて。印象でいうと…、実はすごく歌がうまいんですよ。カラオケがある居酒屋みたいなところで歌っていて、びっくりしました(笑)」と普段から交流があることを明かした。

また、すっかり“ゲーム好き”が浸透した山田さんだが、最近は忙しくゲームをする時間が取れないそう。「人にこんなに勧めているのに、自分ができてないっていう」と言いつつも、CM内に出てくる「PlayStation(R)VR」は、昨年の東京ゲームショウにプライベートで参加して既に実体験済み! 「もうね、びっくりした。小学生のときに初めてゲームしたときの感動が蘇ってきたような感じ」「(ゲームが)完全にその世界になっちゃうの」と感想を熱弁した。

PlayStation(R)4新TVCM「山田の絶叫、太賀の昇天“PS4(R)に全部来る”篇」は9月15日(木)より放送開始。

最終更新:9月13日(火)17時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。