ここから本文です

ジェンティルドンナ、顕彰馬に選出 牝馬三冠達成、通算19戦10勝

デイリースポーツ 9月13日(火)6時5分配信

 JRAは12日、平成28年度の顕彰馬にジェンティルドンナが選出されたと発表した。今年度から選定の対象となった同馬は記者投票で155票を集め、選定基準となる投票者198人の4分の3以上(149票)をクリア。顕彰馬の選出は昨年度のオルフェーヴルに続き、32頭目となった。また、顕彰者には今年2月末に調教師を引退した橋口弘次郎さん(71)が選ばれた。表彰セレモニーは10月10日に京都競馬場で行われる。

 数々の鮮烈なVシーンでファンをとりこにした名牝ジェンティルドンナが、対象となった今年度、難なく基準をクリアして顕彰馬に選ばれた。

 12年に史上4頭目の牝馬三冠を達成。勢いに乗って臨んだジャパンCでは、前年の牡馬三冠馬オルフェーヴルを一騎打ちの末に打ち負かし、この年の年度代表馬となった。13年は史上初のジャパンC連覇を成し遂げ、14年はドバイシーマクラシックで海外G1初制覇。ラストランとなった有馬記念は、道中3番手から力強く抜け出して見事な有終の美を飾った。

 通算19戦10勝(うち海外2戦1勝)。現在は北海道安平町のノーザンファームで繁殖牝馬としてけい養されており、今年2月にはキングカメハメハ産駒の初子が誕生している。

 現役時代に管理していた石坂師は「3年以上無事に頑張ってくれたことに対し、評価していただけたことをうれしく思っています。多くの競走馬を管理してきましたが、ジェンティルドンナからたくさんのことを学び、育てられたことは大きな財産です。子どもたちにはもちろん期待をしていますが、ジェンティルドンナ自身も元気で長生きしてほしいと願っています」と話した。

最終更新:9月13日(火)7時21分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。