ここから本文です

〔東京株式〕小反発=米株高や円高一服で(13日)

時事通信 9月13日(火)15時30分配信

 【第1部】米株高や円高一服を好感して輸出関連銘柄などが買われ、日経平均株価は前日比56円12銭高の1万6729円04銭と小反発、一方で東証株価指数(TOPIX)は0.11ポイント安の1322.99と小幅ながら5日続落した。
 銘柄の48%が値上がりし、値下がりは44%だった。出来高は14億2370万株、売買代金は1兆6666億円。
 業種別株価指数(33業種)は、医薬品、ゴム製品、食料品などが上昇した一方、保険業、海運業、銀行業などは下落が目立った。
 個別銘柄では、ファーストリテ、ファナックの値がさ株が買われ、トヨタは切り返した。ソニー、キヤノンが値を上げ、JTは上伸。ブリヂストン、ホンダが高く、花王はしっかり。武田、アステラス薬、塩野義が堅調。半面、任天堂が大きく値を下げ、ソフトバンクGは下押した。三井住友、三菱UFJが安く、リクルートHDはさえない。第一生命、東京海上が売られ、郵船は軟化した。
 【第2部】続落。シャープが下げ、ゼニス羽田も軟調。半面、アサヒインテック、マーチャントは値上がり。出来高9003万株。
 【外国株】上伸。出来高17万1400株。(続)

最終更新:9月13日(火)17時27分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]