ここから本文です

若手デザイン画並ぶ 浜松でコンペ、最終審査へ

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月13日(火)9時11分配信

 浜松市の繊維産業の振興と若手デザイナーの発掘を目的とした「第23回浜松シティファッションコンペ」(同市主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の1次審査会が12日、同市中区のアクトシティ浜松で開かれ、最終審査に進む30点の衣装のデザイン画を選定した。

 静岡県内からは静岡デザイン専門学校の杉山瑞季さん(島田市)の「美しく戦う鳥」と、静岡新美容専門学校の藤崎桃江さん(富士市)の「浸食」の2点が選ばれた。

 コンペには全国の大学生や専門学校生、高校生ら1364人から3846点のデザイン画が寄せられた。1次審査通過者はデザイン画を基に自ら浜松地域の素材で服を仕立て、12月18日に同市で行われるファッションショー形式の最終審査会に臨む。

静岡新聞社

最終更新:9月13日(火)9時11分

@S[アットエス] by 静岡新聞