ここから本文です

【ローズS】樫の女王シンハライト優位 桜の女王といきなり激突も自信

デイリースポーツ 9月13日(火)6時5分配信

 「ローズS・G2」(18日、阪神)

 早くもリターンマッチが実現する。桜花賞馬ジュエラーVSオークス馬シンハライト。前哨戦とはいえ、どちらも負けられない意地がある。だが、今回に限って言えば骨折明けのジュエラーよりも、順調な仕上がりを見せているシンハライトが主役を譲らないだろう。

 1週前追い切りは栗東坂路で4F53秒5-12秒7をマーク。僚馬ゼンノブレーメン(4歳500万)を0秒3追走し、ゴール前一杯に追われて半馬身先着した。終始キビキビとしたフットワークを見せ、状態の良さをアピールした。久々に手綱を取った池添は「とてもいい動きだった。1週前としてはこれでいい。オークスは体がギリギリだったが、今はふっくらしている。カイバ食いもいいと聞いているし、順調なのは何より」と手応えをつかんだ様子だ。

 今回は鼻差敗れた桜花賞の借りを返す絶好のチャンスでもある。石坂師は「順調に仕上がっている。もともと気性面でガッチリした馬だが、ひと夏を越した成長はうかがえる。次につながるいいレースをしてくれるはず」と自信をのぞかせた。たくましさを増したオークス馬が、秋初戦でどんな走りを見せるか注目だ。

最終更新:9月13日(火)7時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。