ここから本文です

柔道家ベイカー茉秋、ハーレイ・クインにコスプレした祖母に金メダル!

映画.com 9月13日(火)17時0分配信

 [映画.com ニュース] リオデジャネイロオリンピックの柔道男子90キロ級で金メダルに輝いたベイカー茉秋選手が9月13日、都内で行われたアメコミ大作「スーサイド・スクワッド」(公開中)の公開記念イベントに、祖母の小林リナさんとともに出席した。劇中に登場するキャラクター、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)のコスプレをした祖母に、金メダルをプレゼントするひと幕も。イベントには、バットマンの宿敵ジョーカー(ジャレッド・レト)に扮したお笑いタレントのなだぎ武も駆け付けた。

ベイカー茉秋の祖母、キュートなコスプレで存在感!「スーサイド・スクワッド」公開記念イベントの模様はこちら!

 オリンピック時、ベイカー選手を個性あふれるヘアスタイルで応援する姿が話題を呼んだ小林さんは、「派手好きなので」とコスプレ姿にご満悦。ファッションポイントとして、「娘が私に似ていると言っておみやげにくれた」という腰につけたハンガリーのぬいぐるみを披露したほか、「タイツに穴を開けちゃって恥ずかしい……」と明かし、報道陣を笑いに包んだ。

 ベイカー選手は「オリンピックから帰国した次の日に、おばあちゃんにウナギ屋さんに連れて行ってもらいました」と笑顔で報告。「東京オリンピックもあるので、これから先も健康で、おしゃれで、長生きしてずっと応援してほしい」と愛情たっぷりに感謝を述べながらも「ウナギ屋さんでもおばあちゃんが1番目立っていた……」と存在感に白旗の様子だった。

 「帰国してから2日くらいしか休めていない」とフィーバーの渦中にいるベイカー選手だが、多忙の合間を縫って本作を鑑賞したそうで「とにかく迫力がすごい。悪党が主人公という映画も見たことがないですし、ドキドキや興奮、感動もあり魅力的な映画です」と絶賛。「キラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)と勝負してみたい。大内刈が得意なので、足を刈りたいな」と脳内シミュレーションを行っていた。

 「スーサイド・スクワッド」は、バットマンたちによって投獄された凶悪犯罪者たちが、減刑と引き換えに政府公認の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成し、命の保障のない危険なミッションに挑むさまを描く。

最終更新:9月13日(火)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。