ここから本文です

大江戸温泉物語が取得 熱海の旧「ホテル水葉亭」

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月13日(火)9時17分配信

 全国で温泉旅館の再生事業などを展開する大江戸温泉物語(東京都)は12日、8月末で閉館した熱海市伊豆山の旧「ホテル水葉亭」を取得したと発表した。大規模な改修工事を施し、来春に全面リニューアルオープンする予定。

 施設名は継承する見通し。バイキング形式の食事提供に必要な設備を新たに整える一方で、相模湾を一望できる大露天風呂などは存続させて改修を進めるという。

 大江戸温泉は北海道を除く全国各地で33の温泉宿と温泉テーマパークを所有し、県内では熱海、伊東、伊豆市土肥で計3軒の宿泊施設を運営している。広報担当者は「既存の立派な設備を生かしたい。熱海温泉に貢献していければ」と話した。

 市内各地区の旅館組合でつくる連合会の佐藤元昭副理事長は「施設が放置されることが熱海全体のイメージとして最も良くない。温泉街が一丸となり、来春までの影響を最小限に食い止めたい」と受け止めた。

静岡新聞社

最終更新:9月13日(火)9時17分

@S[アットエス] by 静岡新聞