ここから本文です

リーガ3部コルドバB対ハエン、生後2カ月の子供に入場料10ユーロを求める ハエン会長は抗議のために一般席で観戦

GOAL 9月13日(火)5時28分配信

11日のリーガエスパニョーラ2部B(実質3部)コルドバB対ハエンで、生後2カ月の子供に入場料を支払わせるという出来事があった。スペイン『マルカ』が報じている。

スペインでも通常であれば幼児、特に乳飲み子に対しては入場料を求めないことが一般的だ。しかしながら、この試合でホームチームのコルドバは、アウェー席の入場料を一人ひとりに求め、生後2カ月の子供の両親に3人分の入場料30ユーロを支払わせた。

試合前にこの出来事を耳にしたハエンのイヒニオ・ビルチェス・ペスカドール会長は、抗議のために貴賓席に座ることを断り、一般席で試合を観戦している。

ハエンはさらに、該当の家族に対して入場料30ユーロを同クラブが負担することを提案。しかし家族はその受け取りを拒否している。家族の父親は「お金に関係なく、ハエンの試合を見に行くことをやめはしないよ」と、ハエンへの愛情が今後も揺らがないことを強調している。

GOAL

最終更新:9月13日(火)5時28分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]