ここから本文です

【ローズS】桜花賞馬ジュエラー成長 ケガの影響「全くない」

デイリースポーツ 9/13(火) 6:05配信

 「ローズS・G2」(18日、阪神)

 桜花賞馬がいよいよ帰ってくる。春は左前第1指骨剥離骨折でオークス出走こそかなわなかったジュエラーだが、休養を挟み、陣営が描いた通りに回復。仲田助手は「(ケガの影響は)全くないですし、感じないです」とキッパリ。最後の1冠を見据えて気配は良好だ。「元々大きな馬だけど、成長している」。一層、パワーアップした姿に目を細めた。

 それを証明するかのように、1週前は力強い動きを披露した。栗東坂路で4F53秒9-12秒3をマークし、僚馬ワントゥワン(3歳500万下)に1馬身先着。「動きは良かったですね。休んでいた分、緩さはありましたけど、真っすぐ走れました。順調に来ているし何も問題ない」と同助手は手応えを口にする。復帰初戦から切れ味を発揮できそうだ。

 桜の舞台でしのぎを削り、樫の女王となったシンハライトと再び相まみえる前哨戦。本番前に女王対決を制して、意気揚々と2冠制覇へ駒を進める。

最終更新:9/13(火) 7:23

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革