ここから本文です

シリアのIS幹部殺害=テロ扇動担当を空爆―米軍

時事通信 9月13日(火)7時20分配信

 【ワシントン時事】米国防総省のクック報道官は12日、米軍がシリア北部アレッポ郊外で8月30日に実施した過激派組織「イスラム国」(IS)の広報担当幹部アブムハンマド・アドナニ容疑者に対する空爆に成功したと発表し、殺害を確認した。

 クック報道官は「IS幹部を狙った攻撃を継続する」と強調した。

 アドナニ容疑者はISの対外的な広報活動や戦闘員の勧誘に加え、海外での「テロ扇動」でも中心的役割を担っており、同容疑者の死亡はISにとって大きな打撃となる。

 アドナニ容疑者に関しては、イスラム教のラマダン(断食月)期間中のテロ決行を呼び掛け、日本人7人を含む人質20人が死亡したバングラデシュ・ダッカの飲食店襲撃事件を誘発したとされるほか、パリ同時テロに関与したという情報もある。 

最終更新:9月13日(火)8時58分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。