ここから本文です

JRAがケンタッキーダービー出走馬選定シリーズ創設

東スポWeb 9月13日(火)14時22分配信

 JRAは13日、米GIケンタッキーダービーを主催するチャーチルダウンズ社と提携し、日本馬を対象としたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TOTHE KENTUCKY DERBY」を創設したと発表した。

 同シリーズは東京競馬場で行われる2歳500万下・カトレア賞(11月26日=ダート1600メートル)と、3歳オープン・ヒヤシンスS(2017年の1回東京開催を予定=ダート1600メートル)の2レースが対象。上位4着馬までにポイントを付与し、その合計で最上位の馬が17年5月6日に行われるケンタッキーダービーに出走できる(ポイントはカトレア賞が1着=40、2着=16、3着=8、4着=4。ヒヤシンスSが1着=50、2着=20、3着=10、4着=5)。

 今年はラニ(牡3・松永幹)がケンタッキーダービーを頂点とする米3冠に挑戦、注目度がぐんとアップした好タイミングでの提携発表。ラニは遠征したドバイで出走権を手にした(UAEダービー優勝)が、次の世代は日本国内にいながら権利を手にできる。

最終更新:9月13日(火)14時35分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]