ここから本文です

ヴィン・ディーゼル、故ポール・ウォーカーの43歳の誕生日を祝う

cinemacafe.net 9月13日(火)19時40分配信

ポール・ウォーカーが40歳という若さで事故死を遂げてから3年。生きていれば43歳になった9月12日(現地時間)、親友のヴィン・ディーゼルがSNSにて誕生日を祝った。

【写真】ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー/フォトギャラリー

『ワイルド・スピード』で共演して以来、ヴィンは親しみを込めてポールを「パブロ」(スペイン語の「ポール」)と呼び、兄弟のように仲が良かった2人。事故当時は『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影途中で、毎日のように顔を合わせていた弟分のポールを突然亡くしたヴィンの悲痛は計り知れない。

ポールの死後3年経ついまも、ヴィンはSNSでたびたびポールとの思い出の写真を掲載している。2015年3月に生まれた第3子ポーリンちゃんの名前は、ポールに敬意を表して名付けたというくらい2人は深い友情で結ばれていた。

ポールの43歳の誕生日を、過去の9枚の2ショットを1枚にした写真に「ハッピーバースデー パブロ」のテキストを添えて祝ったヴィン。その6日ほど前にも、シンプルに「いつも…」とだけキャプションを付け、ポールの隣でヴィンが満面のスマイルを浮かべている写真を投稿した。ポールの存在を常に感じているということだろう。

ヴィンのほかにも『ワイルド・スピード』シリーズでポールの恋人役を演じたジョーダナ・ブリュースターや共演者のタイリース、撮影途中だった『ワイルド・スピード SKY MISSION』でポールの代役を務めた弟のコディらもSNSでポールの誕生日を祝っている。

最終更新:9月13日(火)19時40分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。