ここから本文です

知念侑李、ダンスの実力はジャニーズNo.1?内村光良「調子乗りすぎ!」とツッコミ

映画.com 9/13(火) 19:30配信

 [映画.com ニュース] 「ウッチャンナンチャン」の内村光良が約3年ぶりに手がけた監督作「金メダル男」の完成披露試写会が9月13日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、内村監督をはじめ出演の知念侑李(Hey! Say! JUMP)、木村多江、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子が舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 2011年に上演された内村のひとり舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに、1964年に長野・塩尻に生まれた不屈の男・秋田泉一が世の中のあらゆる一等賞を獲得する姿を、笑いを全面に押し出して描く。内村が泉一、知念が泉一の青年時代をそれぞれ演じ、2人1役でダブル主演した。

 登壇陣は“ゴールデンカーペット”を通って登場し、観客約500人の歓声を浴びた。内村監督が開口一番「知念の人気の高さに驚いています。(共演しているバラエティ番組)『スクール革命!』では、最初こんなに小さかったのに、立派に主演を務めています」としみじみ称賛すると、知念は嬉しそうな笑みを見せた。

 さらに内村監督は、「知念には歌舞伎の見得を切る顔などをやってもらいましたが、みるみる上達していきまして、後半は自ら変顔をしている。こんな知念見たことない、というところを楽しんでください」とアピールする。これを受けた知念は、「整った顔をしているので崩すのが難しかった」とドヤ顔。黄色い声援を一心に浴びる姿に、内村は「自分で言うな、自分で」とツッコミを入れた。

 また、知念は劇中でダンスを披露した土屋に闘志を燃やしたようで、「太鳳ちゃんがうまいんですよ。僕も一応プロですから、負けられないと燃えました」と振り返る。続けて「ジャニーズでNo.1だと思っているので。調子に乗りすぎました」と語ると、内村監督は「さっきから調子乗りすぎだよ!」と再びツッコミを入れ、客席を沸かせていた。

 最後に知念は、「初主演映画のプレッシャーがありましたが、素敵な作品が出来ました。この作品で映画界の金メダルをとりたい」とニッコリ。これには内村監督も「今日は調子がいいな」と感心し、「この映画で金メダルをとりたいと思います。なんの金メダルかはわかりません(笑)。でも『今年一番笑った映画で賞』みたいなものがあったら、それがとりたい」と期待していた。「金メダル男」は、10月22日から公開。

最終更新:9/13(火) 19:30

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]