ここから本文です

金正恩氏が農場視察 5回目の核実験後初の公開活動

聯合ニュース 9月13日(火)11時8分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が5回目の核実験(9月9日)後、初の公開活動を行い軍部隊傘下の農場を視察した。朝鮮中央通信などが13日、報じた。

 金党委員長は昨年8月にも同農場を訪問している。

 同通信は、トウモロコシや稲の種子の品種改良に成功したと報告を受けた金党委員長は非常に喜び同農場を訪問したと伝えた。

 また、金党委員長は苦心の末、干ばつや病害虫に強い優良品種への改良に成功した研究者らをねぎらったとした。

 さらに、金党委員長は人民の食糧問題を解決するため、「干ばつや風雨による被害、冷害や高温被害、病害虫に耐え得る強い優良品種をさらに開発しなければならない」として、品種改良を継続して進めるよう指示した。

 視察には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、呉秀容(オ・スヨン)党中央委員会副委員長、趙勇元(チョ・ヨンウォン)党中央委員会副部長、韓光相(ハン・グァンサン)軍中将が同行した。

 金党委員長は今年1月6日の4回目の核実験直後、人民武力部(現人民武力省)を訪問した。

 当時、北朝鮮メディアは「金正恩同志が主体朝鮮初の水素弾試験の壮快な雷鳴が天地を揺るがした新年に人民武力部を祝賀訪問した」と伝え、核実験の成果を大々的にアピールした。

最終更新:9月13日(火)14時6分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。