ここから本文です

【ニエル賞】マカヒキ世界デビュー戦余裕V 凱旋門賞4番人気に

デイリースポーツ 9月13日(火)6時5分配信

 「ニエル賞・仏G2」(11日、シャンティイ)

 ダービー馬マカヒキが11日、凱旋門賞(10月2日・シャンティイ)と同じ舞台で行われた3歳馬による前哨戦を完勝。落鉄のアクシデントをモノともせずに世界デビュー戦を勝利で飾った。一夜明けた12日も馬体にダメージは見られず、状態は至って順調そのものだ。現時点での大手ブックメーカーによるオッズは8・50倍で4番人気。3週後の大本番が楽しみになってきた。

 実力をいかんなく見せつけた。日本の誇る第83代ダービー馬マカヒキが、世界デビュー戦を完勝。着差以上の強さで、本番へ大きく弾みをつけた。

 迎え撃った欧州馬はお世辞にも強豪ぞろいとは言いがたい。とはいえ、不慣れな海外初戦。しかもレース中、勝負どころで右後肢を落鉄するアクシデントもあった。そんな不利を難なくはねのけ、きっちりと結果を出したのだから恐れ入る。

 ルメールは「最後の100メートルぐらいで少しステップが乱れた。そこで落鉄したのだと思うが、それでも最後はすごく伸びてくれた」と振り返り、「日本の馬に乗って凱旋門賞を勝つのは僕にとっても夢」と笑顔をのぞかせた。見届けた友道師も「着差はわずかだったけど、叩き台としては理想的な競馬での勝利。決して100%の仕上がりではなかったので、次はしっかりとやっていきたい」とカブトの緒を締め直した。

 一夜明けた12日、マカヒキは厩舎内で1時間の引き運動を行い、体をほぐした。「馬体にダメージはなく、歩様も問題ありません。あすからまた、ペースを上げて調整していきたいと思います」と師。06年に3位入線→失格となった父ディープインパクトのリベンジもかかる大一番へ、日本競馬界の悲願を胸に出陣する。

最終更新:9月13日(火)7時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。