ここから本文です

「井上尚弥VSロマゴン」来年12月末日本開催検討 帝拳ジム本田会長明かす

デイリースポーツ 9/13(火) 6:05配信

 ボクシングの帝拳ジム・本田明彦会長は12日、WBC世界スーパーフライ級王座を獲得し、世界4階級制覇に成功したローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=とWBO世界同級王者・井上尚弥(23)=大橋=の統一戦を来年12月末、日本での開催を検討していると明かした。

 日本時間11日にカルロス・クアドラス(メキシコ)との激闘を制したゴンサレスは、WBO・WBA世界フライ級王者のファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)と、クアドラスとの再戦をクリアして井上尚戦という路線。井上尚は12月にWBA世界同級王者のルイス・コンセプシオン(パナマ)との統一戦を交渉中。

最終更新:9/13(火) 7:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。