ここから本文です

【欧州CL】レアルとバルサの“2強”に明暗

東スポWeb 9月13日(火)16時35分配信

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)の2016―17シーズンが13日(日本時間14日)に、いよいよ開幕。今季のCLもスペイン2強が引っ張る展開になりそうだが、現状は明暗が分かれている。昨季11度目の優勝を果たしたレアル・マドリードは今季もリーグ戦開幕3連勝と好発進。欧州選手権で左ヒザを負傷して戦線離脱していたエースFWクリスチアーノ・ロナウド(31)は10日のオサスナ戦で復帰し、前半6分で得点を挙げる活躍を見せた。CL初戦のスポルティング(ポルトガル)戦でも高いパフォーマンスが期待でき、今季も優勝候補の筆頭だ。

 一方、2季ぶりの王座奪還を目指すバルセロナは、ホームで行われた11日のアラベス戦で1―2とまさかの敗戦。FWリオネル・メッシ(29)が股関節痛で先発から外れた影響が大きかった。FWルイス・スアレス(29)、FWネイマール(24)の「MSN」トリオの出来が今季もチームの生命線になる。

 これを追うのが昨季準Vのアトレチコ・マドリード(スペイン)と、4季ぶりの優勝を目指すバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)。D組に同居しただけに、1位通過がどちらになるかで大会の勢力図が変わる可能性もある。

最終更新:9月13日(火)18時27分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]