ここから本文です

最多入場更新を 福島Uがホームで動員作戦

福島民報 9/13(火) 12:32配信

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は12日、観客動員プロジェクト「OVER 4163」をスタートさせた。サポーターらと協力してホーム戦の最多入場者数、4163人の更新を目指す。今季残り3試合となったホーム戦で、食や音楽など家族で楽しめる多彩な催しを企画するほか、インターネットや街頭PRで来場を呼び掛ける。
 12日夕、福島市飯坂町にある福島Uの運営会社AC福島ユナイテッドの事務所でスタッフは準備に追われた。福島Uの今季のホーム戦は残り3試合。12日現在の順位は11位となっている。7日の天皇杯2回戦でJ1の横浜F・マリノスと延長戦にもつれる接戦を繰り広げ、注目を集めた。順位争いが佳境を迎える終盤戦への観客増とJ2昇格を目指す来季以降に向けて勢いをつけたい考えだ。
 プロジェクトでは熱心なサポーターらと一緒に会員制交流サイト(SNS)や街頭活動を通じてスタジアムで観戦する楽しさや魅力をアピールする。
 10月23日にはプロジェクトの目玉として福島民報社がマッチデースポンサーを務めるJ3第26節、Y.S.C.C.横浜戦を福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で開く。試合前に元サッカー日本代表の名選手らが出場する福島復興支援試合を行うほか、音楽や食など家族で楽しめるイベントを催す。
 福島U広報の中村英里奈さんは「声援が選手の力になる。スタジアムでイレブンの雄姿を見てほしい」と呼び掛けた。

■元日本代表ら参戦 10月23日の復興支援マッチ

 10月23日午前11時からの福島復興支援エキシビションマッチで県北地区高校選抜チームと対戦する「Jレジェンド&MIFA FC」には、日本代表を務めた元Jリーガーらとサッカーを愛するミュージシャンが参加する。復興支援に向けて3年連続でミュージシャン「GAKU-MC(ガク・エムシー)」さんが参加する。
 韓国出身のJ-POPシンガー・ソングライターのKさん、元福島Uの時崎塁さん(東邦銀行)が初めて臨む。Jレジェンドの選手は今後発表する。
 エキシビションマッチは「福島U-Y.S.C.C.横浜」戦のチケットを持っている人が観戦可能。チケット購入は福島Uの公式サイト(http://fufc.jp/)へ。
   ◇  ◇
 10月23日午後4時からは、あづま総合体育館で関連イベント「ふくしまアカリトライブ」を開催する。
 GAKU-MCさん、Kさんとミュージシャン仲間で元レミオロメンの藤巻亮太さん、会津若松市出身の山猿さんが登場する。予約不要で入場無料。問い合わせは福島民報社広告局 電話024(531)4153へ。

福島民報社

最終更新:9/13(火) 12:35

福島民報