ここから本文です

D・ファニング、美しく成長したドレス姿に絶賛の嵐

Movie Walker 9月13日(火)11時2分配信

美しく成長し、すっかり大人の雰囲気さえ漂わすようになったダコタ・ファニングが、一躍映画祭でレッドカーペットの主役に躍り出ている。

【写真を見る】トロントでも絶賛!まるで女神なグリーンのドレスで現れたダコタ

ヴェネチア国際映画祭では、「サイケデリックな人魚姫」と形容されたブルーに輝くドレスで「まばゆいばかりのレッドカーペットの新たな主役」と報道されたダコタ。

その後、トロント国際映画祭にて、出演作『American Pastoral(原題)』のプレミアに出席したが、その時の鮮やかなグリーンのロングドレスもハリウッドスターにふさわしいエレガントなデザインで、「ダコタ・ファニング。いつも優雅にドレスを着こなし、まるで女神のよう」「ダコタは、はっきりした色が似合う。ピンクとか着ると肌がくすむ」「新鮮でナチュラルな美人」といった絶賛の声が英紙デイリー・メールのサイトにも寄せられている。

さらに、同映画祭が開催されているトロントで行われたハリウッド外国人記者協会とイン・スタイル誌の協賛イベントには目がさめるような深紅のドレスで登場し、タイトなデザインで美しいプロポーションを見せつけた。「赤が似合う」「ダコタが美しすぎる」とこちらも英紙デイリー・メールの読者をノックアウトしているようだ。

トロント国際映画祭で見せたフォトコールや他のパーティに出席した際の装いもメディアに取り上げられ、ミニスカートも似合うと美脚に太鼓判を押されているダコタ。今年は『American Pastoral』のプレミアで世界の映画祭を飛び回っており、今後も美しいファッションで楽しませてくれそうだ。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:9月13日(火)11時2分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。