ここから本文です

ソフトバンク工藤監督なりふり構わずスクランブル!8勝の東浜もブルペン待機

デイリースポーツ 9月13日(火)9時0分配信

 ソフトバンク・工藤公康監督(53)が12日、残り14試合での投手スクランブル起用を固めた。故障明けのリック・バンデンハーク投手(31)を18日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で投入。一方で東浜巨投手(26)は前回先発から中3日となる13日の楽天戦(コボスタ宮城)からブルペン待機。首位・日本ハムと0・5ゲーム差。策の限りを尽くす。

 故障明けとなるバンデンハークの見切り発車。「今のところ上(1軍)でと考えている。球数の制限とかはあるかもしれないけど。いけるということみたいなので」と工藤監督。初登板から14連勝の日本タイ記録保持者を18日に先発させる。

 バンデンハークは蓄積疲労などで6月から離脱。8月に2軍戦登板も再び実戦から離れ、3日に本格復帰。前回9日は5回を3安打零封。指揮官は「聞いている限りでは真っすぐも152キロ出てたみたいだし」とこの局面を乗り越える鍵としての起用を決め、ここまで8勝の東浜をブルペン待機させる。

 この日、チームは福岡から仙台へ空路移動。選手会主催で、同市内の焼き肉店で、開幕直前以来の決起集会を実施した。一致団結を図り、総動員態勢でV3を目指す。

最終更新:9月13日(火)9時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]