ここから本文です

広島CS先発サバイバル!残り2枠巡り4投手がアピール合戦

デイリースポーツ 9月13日(火)9時0分配信

 CSファイナルSに向け、先発ローテの4、5番手を懸けたサバイバルレースが始まる。広島・畝龍実投手コーチ(52)は12日、ジョンソン、野村、黒田の3本柱に続くCSの先発投手について「今まで投げた投手の中から考える」と福井、薮田、岡田、ヘーゲンズを候補に検討していく考えを示した。

 今季は残り11試合。14勝で並び最多勝争い中のジョンソンと野村について畝コーチは「間隔を空け、同じ条件で勝負」と言った。先を見据えて無理をせず、2試合ずつの登板が濃厚。また11日に出場選手登録を抹消された黒田は、再登録後に1試合を投げる予定だ。

 1勝のアドバンテージがあるCSファイナルSは最大6試合。先発は5人で回すことが予想される。3本柱は確定で、残るは2枠。候補4人には今後順次、先発機会が与えられる見込みだ。

 14日・阪神戦(甲子園)に先発予定の薮田はこの日、ナゴヤドームでの投手指名練習に参加した。福井のアクシデントから急きょ先発して以降2戦2勝中。勢いはある。「結果を残して(先発を)任されればしっかり投げたい」と意気込んだ。

 岡田は11日・巨人戦(東京ドーム)で2回無失点。ヘーゲンズは安定感があり、首痛で抹消中の福井も復帰へ向けて準備を進めている。次の目標はCSを突破し、32年ぶりの日本一奪還。戦力を整えて、挑戦者を退ける。

最終更新:9月13日(火)22時53分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)