ここから本文です

六本木でベルギービールの祭典 過去最多113種類を用意 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月13日(火)14時10分配信

 六本木ヒルズで9月16日から、「ベルギービールウィークエンド2016」が開催される。(六本木経済新聞)

昨年の様子

 今年で7回目となる同イベント。新たに金沢、札幌を加え、4月の名古屋を皮切りに8都市で50日間にわたって行う。同所は最終地となり10日間開催。首都圏を中心に全国から約5万人の来場者を見込む。

 今年は日本・ベルギーの友好150周年という記念の年にちなみ、過去最多となる113種類のベルギービールを用意する。ビール通には定番のトラピストビールやIPAはもちろん、「爽やかな青空にぴったり」というホワイトビールやフルーツビールなど、ビール入門者や女性でも楽しめるよう、11タイプに分かりやすく分類。昨年初登場し好評を得たという「BBW Boutique」コーナーも設置し、販売メニューがランダムに変わる「ドキドキ感」で楽しませる。

 フードメニューは、フリッツ(フライドポテト)専門ブース「FRITKOT」が、フリッツのほかにサイドメニューやディップソースを新たに加え、本場ベルギーと同じスタイルで提供。バリエーション豊富なサイズやセットメニューもそろえる。

 ステージでは連日ベルギーのアーティストが熱いパフォーマンスで会場を盛り上げる。ベルギー旅行をはじめとしたプレゼントが150人に当たるキャンペーンなども展開する。

 開催時間は14時~22時(土曜・日曜・祝日は11時~、初日は16時~、最終日は21時まで)。料金は、スターターセット(オリジナルグラス1個、飲食用コイン11枚)=3,100円。雨天決行。今月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月13日(火)14時10分

みんなの経済新聞ネットワーク