ここから本文です

「一点の悔いもない」競泳・松田が引退

東スポWeb 9/13(火) 16:35配信

 リオ五輪競泳男子800メートルリレーで銅メダルを獲得した松田丈志(32=セガサミーHD)が12日、都内で引退会見を開いた。「今はすっきりしていて、一点の悔いもない。金メダルに届かなかったのもいい思い出」と晴れ晴れとした表情で語った。

 2004年アテネ五輪から4大会連続で五輪に出場し、4個のメダルを獲得。4歳から宮崎・延岡市のビニールハウスのプールで競泳を始めた。当時から二人三脚で歩んできた久世由美子コーチ(69)は「常に夢を持たせてくれた。そういう青年に出会えて良かった」と笑顔を見せた。

 久世コーチが指導について毎日書き続けたノートは、250冊以上にもなった。松田は「久世コーチがいなかったら今の自分はなかったと思う。一つひとつは小さいことだけど、それを長く続けてきたのは大変だったと思う。感謝しているし、これから少しずつ恩返ししたい」と涙を浮かべた。

 今後については未定だが、競泳の普及活動や指導に興味を持っている。「自分が本当に心を動かされるものを見つけてやっていきたい。東京五輪にもベストな形で関われたら」と抱負を述べた。

最終更新:9/13(火) 18:23

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。