ここから本文です

「一点の悔いもない」競泳・松田が引退

東スポWeb 9月13日(火)16時35分配信

 リオ五輪競泳男子800メートルリレーで銅メダルを獲得した松田丈志(32=セガサミーHD)が12日、都内で引退会見を開いた。「今はすっきりしていて、一点の悔いもない。金メダルに届かなかったのもいい思い出」と晴れ晴れとした表情で語った。

 2004年アテネ五輪から4大会連続で五輪に出場し、4個のメダルを獲得。4歳から宮崎・延岡市のビニールハウスのプールで競泳を始めた。当時から二人三脚で歩んできた久世由美子コーチ(69)は「常に夢を持たせてくれた。そういう青年に出会えて良かった」と笑顔を見せた。

 久世コーチが指導について毎日書き続けたノートは、250冊以上にもなった。松田は「久世コーチがいなかったら今の自分はなかったと思う。一つひとつは小さいことだけど、それを長く続けてきたのは大変だったと思う。感謝しているし、これから少しずつ恩返ししたい」と涙を浮かべた。

 今後については未定だが、競泳の普及活動や指導に興味を持っている。「自分が本当に心を動かされるものを見つけてやっていきたい。東京五輪にもベストな形で関われたら」と抱負を述べた。

最終更新:9月13日(火)18時23分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]