ここから本文です

ルネサス、Intersil買収を発表――約3200億円で

EE Times Japan 9/13(火) 10:39配信

■完全子会社化へ

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2016年9月13日、米国の半導体メーカーIntersil(インターシル)を32億1900万米ドル(約3219億円)で買収すると発表した。2016年10~12月に開催予定のIntersil株主総会での合併承認を経て2017年上期中の買収完了を予定。買収完了後、Intersilはルネサスの完全子会社となる。

【投資資金の使途の画像】

 Intersilは、主に、産業やインフラ、車載、航空宇宙向けなど信頼性や性能が重視される市場向けに、パワーマネジメントICや高精度アナログなどのアナログ半導体製品の開発、製造、販売を展開している。売上高は2015年12月期実績で5億2160万米ドル(約522億円)。

 ルネサスは、Intersilを買収する狙いとして、以下の4つの事業面における強化が期待できるためだとする。


1. 今後の戦略的集中分野において不可欠な要素デバイスの1つであるパワーマネジメント関連アナログ製品のラインアップ強化
2. 当社のマイコンとインターシル社の高精度なアナログ製品をキットとして提供するソリューション提案力の強化
3. 日本国外における拡販力の強化
4. 複数の米半導体企業における経営経験が豊富なインターシル社のマネジメントチームが当社グループに加わることによるグローバルマネジメント力の強化

■逆三角合併で買収へ

 買収は、ルネサスが本買収を行うために設立する米国デラウェア州の完全子会社(以下、買収子会社)とIntersilの合併による方法(逆三角合併)で実施。合併後の存続会社はIntersilとなり、合併対価としてインターシル社の株主には以下の現金が交付され、ルネサスの保有する買収子会社の株式が存続会社の発行済み株式に転換されることにより、存続会社(Intersil)がルネサスの完全子会社となる。

 Intersilの株主(発行済み株式数1億4305万746株)に支払う対価は、1株当たり、2016年8月19日の終値に対して約43.9%のプレミアムを付与した22.50米ドル。ルネサスは全額手元資金を充当し現金で支払う。

 ルネサスの買収資金のうち650億円は、2013年に第三者割当増資で取得した1500億円から充当するとしている。

最終更新:9/13(火) 10:39

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。